渡辺先生は、普及を第一に考え抜いて単純明快におっしゃっていますが、
背景にはしっかりした理論と実績の裏付けがあるのでしょう。

MEC食は、単に何をどれだけ食べるか何を食べないかという
食べるものの質や量を指定する従来のダイエット方法とは
全く違う より良く生きる為の「哲学」であることが理解出来ました。

MEC食とは、良く噛む事
一番大事な事が、クロレッツ大を一口30回噛む事という点にあります。

一番大事な事は、よく噛むことであって、肉・卵・チーズを食べることではないのです。

30回噛むという単なる「噛み方」ではありません。
30回というのは、文字通り30回噛むのではなく
「しっかり数多く噛む」という意味でしょう。
中国の「白髪三千丈」と同じで30=沢山 という意味でしょう。
噛みましょうという事は古今東西言い古されてきています。
[何をどれだけ噛むのかが重要です。
本来の食材を良く噛むことによって食事が楽しめ
必要な栄養素が満たされることにより自然に食べ過ぎも防げるところが
素晴らしいところです。

しかも、それが、なにげなく単純明快に提示されています。
単に30回噛みましょうでは、それこそ、大きなにぎり寿司を丸ごと
一口30回噛んでも意味はありません。

私は一口に噛む量と回数の両方をしっかり指定している方法を
他に見た事がありません。

噛む回数と共に噛む量を指定している事が画期的です。
つまり、「食べる作法」とも言えます。

そして、食事を楽しもう。人生を楽しもう。
という生活の楽しみ方生き方つまり「哲学」に繋がってゆきます。

http://meckk30.org/wp-content/uploads/2017/11/53EA2391-A042-47CF-A032-4464E7C0C75C.jpeghttp://meckk30.org/wp-content/uploads/2017/11/53EA2391-A042-47CF-A032-4464E7C0C75C-150x150.jpegchibatokyomec講演会お知らせ渡辺先生は、普及を第一に考え抜いて単純明快におっしゃっていますが、 背景にはしっかりした理論と実績の裏付けがあるのでしょう。 MEC食は、単に何をどれだけ食べるか何を食べないかという 食べるものの質や量を指定する従来のダイエット方法とは 全く違う より良く生きる為の「哲学」であることが理解出来ました。 MEC食とは、良く噛む事 一番大事な事が、クロレッツ大を一口30回噛む事という点にあります。 一番大事な事は、よく噛むことであって、肉・卵・チーズを食べることではないのです。 30回噛むという単なる「噛み方」ではありません。 30回というのは、文字通り30回噛むのではなく 「しっかり数多く噛む」という意味でしょう。 中国の「白髪三千丈」と同じで30=沢山 という意味でしょう。 噛みましょうという事は古今東西言い古されてきています。 [何をどれだけ噛むのかが重要です。 本来の食材を良く噛むことによって食事が楽しめ 必要な栄養素が満たされることにより自然に食べ過ぎも防げるところが 素晴らしいところです。 しかも、それが、なにげなく単純明快に提示されています。 単に30回噛みましょうでは、それこそ、大きなにぎり寿司を丸ごと 一口30回噛んでも意味はありません。 私は一口に噛む量と回数の両方をしっかり指定している方法を 他に見た事がありません。 噛む回数と共に噛む量を指定している事が画期的です。 つまり、「食べる作法」とも言えます。 そして、食事を楽しもう。人生を楽しもう。 という生活の楽しみ方生き方つまり「哲学」に繋がってゆきます。千葉・東京MEC会の情報サイト
この記事をシェア