感想4
ダイエット目的で今年の五月よりMEC食を意識した食生活を実践し始めたものの、最近は体重も減らず、私にMEC食は合ってないのではないか!?と不安(不信感^^;)に思い始めた矢先にこちらの講演会に参加したことで、MEC食との向き合い方が180度変わりました!ありがとうございます。

第一部の渡辺先生のお話にあった、「野菜は食べなくて良い、私たちは動物なのだから植物を食べ飲みすることはむしろ身体によろしくない」、「添加物としての”ビタミンC”が入っているソーセージを食べることでビタミンCの補給になるのですよ」「家畜のホルモン剤やのグラスフェッドにこだわる前に、MEC規定量&KK30を毎日続けてごらん、(それだけで健康になれるから)」「無農薬野菜や玄米はそれだけ生命力が”強い”分、人間のカラダにも負担になる(お財布にも!)」「同じタンパク質源でも”魚”は肉ほどにバランスのとれた栄養素&量を摂ることは出来にくいものであるだけでなく、水銀などの汚染も心配(だから食べるのオススメしない)」「刺身が食べたくなるのは醤油(=糖分)の味を欲しているということ→MEC食を守れているか振り返ってみましょう」「脂質の許容摂取量は、自分が下痢するまで!」
などなど、全てが”MEC食実行で解決!”的なお話しをたくさん伺うことが出来、何度も目からウロコ状態でした!そしてその考え方の全てが、基本的に野菜や魚より肉が好き♡、な私には心地よく頷ける事柄ばかりで、講演会前までの自己流(という名の中途半端な)MEC食と決別する気が湧いてまいりました。

そして午後の座談会。
初めてお目にかかる麻梨江さんとまあさちゃんの、元気いっぱいで幸せオーラ溢れるお姿にまず魅了され、そして成功者様ならではの説得力のある失敗談やアドバイスを惜しみなく提供してくださる姿勢に感動し、いま一度、MEC食を徹底してみることにやる気スイッチが入りました!
MEC食に励んでいれば甘いものを食べたいと思わないはずらしいのに、なんで私だけ未だに甘いもの食べたがってしまうのだろう…とMEC自体に危うく不信感を抱きそうになっていた矢先に、彼女たちの親しみのある体験談を拝聴し、甘いものの誘惑は私だけに起きているわけではなかったということが判った上に、コンビニで低糖質スイーツを手に取りたくなったらまずMEC食の規定量を先に食べていたか、の確認をして不足分を補っていくうちに甘いものが食べたくなくなっているよ!、という自信溢れる修正方法を教えていただけたことは、ダイエット希望の私にとっては、今回の講演会でのイチバンとも言える大収穫でした!
また、進行役の吉岡先生の質問の投げかけ方がなんとも絶妙で、面白おかしく、最後まで楽しく聞くことができました。

MEC食外来を関東圏に開設してくださった福田先生も、大変心強く、有難く思います。MEC食に理解のある私の夫ですが、会社の一般的な健康診断の結果(血液検査)に凹み、『嗚呼コレステロールが…』とチグハグな思考状態から抜け出せていないので、近い将来主人をMEC食外来に連れて行くぞ!と心に決めました(笑)。

渡辺先生のスライドで、『何度も肉卵チーズをkk30、これだけ〜!』
と、何度も出てきていらっしゃいましたね。
世に溢れる健康法の中ではMEC食は極めて簡単・手軽に始められる実践方法だと思うのですが、その簡単さ故に、自己流という名の中途半端MEC食のスランプに陥り、延いてはMEC食をギブアップするだけでなくネガティヴな口コミを世に広めてしまうMEC脱落者さんも残念ながらゼロではないですよね…。
そのようなネガキャンを跳ね除けるべく、先ずは私もMEC食で結果を出し、成功者は語る〜側の人となって周りの家族や友達にMEC食を広めていけたら、と考えております。
先日の講演会から2週間とちょっと。本腰入れ直したMEC食生活では、本当に甘いものを欲しがらなくなり、口寂しくなったら(質疑応答の時に教えていただいた)角切りバターにカカオをまぶした”生チョコもどき♪”で満足感を得られ、そんなバターを50gにラードを1日10cm以上体内に摂り込んでも翌朝の体重は減っている、というミラクルが毎日楽しくて仕方ありません(笑)!
私も良い見本となれるよう、これからも明るくMEC食生活を続けていきたいと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!!

http://meckk30.org/wp-content/uploads/2017/10/IMG_8713.pnghttp://meckk30.org/wp-content/uploads/2017/10/IMG_8713-150x150.pngchibatokyomec講演会お知らせ感想4 ダイエット目的で今年の五月よりMEC食を意識した食生活を実践し始めたものの、最近は体重も減らず、私にMEC食は合ってないのではないか!?と不安(不信感^^;)に思い始めた矢先にこちらの講演会に参加したことで、MEC食との向き合い方が180度変わりました!ありがとうございます。 第一部の渡辺先生のお話にあった、「野菜は食べなくて良い、私たちは動物なのだから植物を食べ飲みすることはむしろ身体によろしくない」、「添加物としての”ビタミンC”が入っているソーセージを食べることでビタミンCの補給になるのですよ」「家畜のホルモン剤やのグラスフェッドにこだわる前に、MEC規定量&KK30を毎日続けてごらん、(それだけで健康になれるから)」「無農薬野菜や玄米はそれだけ生命力が”強い”分、人間のカラダにも負担になる(お財布にも!)」「同じタンパク質源でも”魚”は肉ほどにバランスのとれた栄養素&量を摂ることは出来にくいものであるだけでなく、水銀などの汚染も心配(だから食べるのオススメしない)」「刺身が食べたくなるのは醤油(=糖分)の味を欲しているということ→MEC食を守れているか振り返ってみましょう」「脂質の許容摂取量は、自分が下痢するまで!」 などなど、全てが'MEC食実行で解決!'的なお話しをたくさん伺うことが出来、何度も目からウロコ状態でした!そしてその考え方の全てが、基本的に野菜や魚より肉が好き♡、な私には心地よく頷ける事柄ばかりで、講演会前までの自己流(という名の中途半端な)MEC食と決別する気が湧いてまいりました。 そして午後の座談会。 初めてお目にかかる麻梨江さんとまあさちゃんの、元気いっぱいで幸せオーラ溢れるお姿にまず魅了され、そして成功者様ならではの説得力のある失敗談やアドバイスを惜しみなく提供してくださる姿勢に感動し、いま一度、MEC食を徹底してみることにやる気スイッチが入りました! MEC食に励んでいれば甘いものを食べたいと思わないはずらしいのに、なんで私だけ未だに甘いもの食べたがってしまうのだろう…とMEC自体に危うく不信感を抱きそうになっていた矢先に、彼女たちの親しみのある体験談を拝聴し、甘いものの誘惑は私だけに起きているわけではなかったということが判った上に、コンビニで低糖質スイーツを手に取りたくなったらまずMEC食の規定量を先に食べていたか、の確認をして不足分を補っていくうちに甘いものが食べたくなくなっているよ!、という自信溢れる修正方法を教えていただけたことは、ダイエット希望の私にとっては、今回の講演会でのイチバンとも言える大収穫でした! また、進行役の吉岡先生の質問の投げかけ方がなんとも絶妙で、面白おかしく、最後まで楽しく聞くことができました。 MEC食外来を関東圏に開設してくださった福田先生も、大変心強く、有難く思います。MEC食に理解のある私の夫ですが、会社の一般的な健康診断の結果(血液検査)に凹み、『嗚呼コレステロールが…』とチグハグな思考状態から抜け出せていないので、近い将来主人をMEC食外来に連れて行くぞ!と心に決めました(笑)。 渡辺先生のスライドで、『何度も肉卵チーズをkk30、これだけ〜!』 と、何度も出てきていらっしゃいましたね。 世に溢れる健康法の中ではMEC食は極めて簡単・手軽に始められる実践方法だと思うのですが、その簡単さ故に、自己流という名の中途半端MEC食のスランプに陥り、延いてはMEC食をギブアップするだけでなくネガティヴな口コミを世に広めてしまうMEC脱落者さんも残念ながらゼロではないですよね…。 そのようなネガキャンを跳ね除けるべく、先ずは私もMEC食で結果を出し、成功者は語る〜側の人となって周りの家族や友達にMEC食を広めていけたら、と考えております。 先日の講演会から2週間とちょっと。本腰入れ直したMEC食生活では、本当に甘いものを欲しがらなくなり、口寂しくなったら(質疑応答の時に教えていただいた)角切りバターにカカオをまぶした'生チョコもどき♪'で満足感を得られ、そんなバターを50gにラードを1日10cm以上体内に摂り込んでも翌朝の体重は減っている、というミラクルが毎日楽しくて仕方ありません(笑)! 私も良い見本となれるよう、これからも明るくMEC食生活を続けていきたいと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!!千葉・東京MEC会の情報サイト
この記事をシェア